フキノトウ

ふきのとう/蕗の薹

植物学上の分類

キク科フキ属
原産地:日本

旬

収穫期は3~4月。
日当たりの良い土手や畦に顔を出す。

【春を告げる山菜】

フキノトウは、数少ない日本原産種でキク科の多年草です。野生種は全国の山野に自生しています。初春の味覚の象徴でもあり、山菜ならではの苦みが特徴。あの苦みは、冬の間に私たちの体に溜まった毒素を排出してくれる働きがあるようです。だから昔から人は、本能的にそれらの山菜を食する智恵を持っていたのかもしれませんね。
ピーマン

おいしいフキノトウを選ぶには?

あまり大きなものは食すると硬いので、小ぶりのものを収穫する。
芽出し直後の若いものほど苦味が少なく、香りも強くておいしい。

用途性

汁の実、油炒め、煮物、酢の物、生のまま天ぷらにするなど。独特の苦みと香りを楽しむ。
また、フキノトウの葉は薬用にも使われます。煎じて飲むとせき止めや解熱作用も効果があると言われています。

保存性

摘み取ってすぐのものが一番おいしいので、食べきるのがベスト。残った場合は、軽く塩茹でして冷蔵庫で保存し、汁物などに。

栄養性・機能性

ビタミン類やカルシウムなどのミネラルが多い山菜。フキよりもフキノトウとして食するほうが、その含有量は多いようです。そのほかテルペンと呼ばれる精油や苦味成分も含まれてるのが特徴。特有の香りと苦味は、消化液の分泌を促進し、消化を助ける働きもあります。

果物を使ったレシピ

フキノトウを使ったレシピ