春の七草

春の七草 ~1月7日には七草粥を~

春の七草

「春の七草」が話題になると、お正月気分もそろそろ終わりにしなくては・・・という気持ちになりますね。日本では、1月7日に七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習があります。お正月のごちそうで疲れ気味の胃を休める・・・という意味があり、平安時代から始まったと言われています。

せり なずな
ごぎょう はこべら ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ七草

古くから詠われてきた春の七草の句です。この七草を入れて作るのが「七草粥」ということになります。では、七草の呼び名を現代のものに言い換えてみましょう。

七草の紹介

七草
【1】せり=セリ

日本原産の野菜で、特有の強い香りと歯ざわり、鮮やかな色が特徴です。清水の湧き出るところに競り合って生えることから「セリ」と名付けられたという説も。

【2】ごぎょう=ハハコグサ

草全体が白い毛におおわれており、厚ぼったく、茎は根元から株のようになっています。春黄色の小さな花を茎の先にたくさんつけます。

【3】ほとけのざ=田平子(たびらこ)

高さ10cmほどで、冬、水田などの土にへばりつくように葉を広げています。

【4】すずな=カブ

根に多いアミラーゼは、消化吸収を促す作用があります。また、葉はカロテン、ビタミンC、カルシウムなど、多くの栄養成分を含んでいます。

【5】なずな=ナズナ

畑や道端、土手、荒れ地など日当たりの良いところに生える二年草で「ぺんぺん草」とも呼ばれています。

【6】はこべら=ハコベ

先に小さな白色の花をつける二年草で、別名「ヒヨコ草」とも言います。

【7】すずしろ=ダイコン

カブ同様、消化に良いジアスターゼを含んでいるなじみの野菜。葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれています。

七草

このように七草粥は、それぞれの成分やビタミン類など、まさに日本人の知恵が生んだ薬膳料理の代表と言っても良いでしょう。 ナズナやごぎょう、はこべらなどは、見かけることが少なくなっていますが、最近ではスーパーでも「七草セット」が売られていますから大変便利です。手に入らない場合は、七草すべてそろわなくてもダイコン、カブ、セリなど、いつでも手に入る野菜たちでもかまわないでしょう。大切なのは、家族の体を労わった先人の知恵を家庭で生かし伝えることだと思うのです。

七草粥レシピ
簡単七草粥レシピ!

お米から炊くお粥はとてもおいしいのですが、時間がかかります。
そこで、ご飯からできる簡単七草粥はいかがでしょう。

【基本の材料:約4人分】

七草など・・・適量
だし汁・・・カップ5
ご 飯・・・茶碗2杯

【基本の下準備】

(1)七草は塩少々を入れた熱湯で軽く下茹でし冷水にとって水気を絞る。細かく刻む。
(2)ご飯はザルに入れ、流水でさっと洗い、粘りをとる。
(3)鍋にだし汁(顆粒だしでもOK)を入れて沸騰させ、(1)と(2)を入れる。

塩味仕立て
◆塩味仕立て◆

基本(3)の後に塩小さじ1を加えよく混ぜてできあがり。

醤油仕立て
◆しょうゆ仕立て◆

基本(3)の後に、しょうゆ大さじ1と1/2を加え、ひと煮立ちさせてできあがり。お好みで千切りゆずをのせても。

味噌仕立て
◆みそ仕立て◆

基本(3)の後に、みそ大さじ2を溶いてできあがり。とろろ昆布を添えてやさいしい味に!

こちらもオススメ!
ふんわり卵の中華風七草粥

ワンポイント

ご飯を流水で洗うことで、短時間でサラッとしたお粥に仕上げることができます。好みで鶏肉や溶き卵などを加えてもおいしいです。また、七草などの青菜は、体内でビタミンAに変わるβカロテンをたくさん含んでいます。ビタミンAは油に溶け出る性質を持っているので、ゴマ油などで炒めて加えるとビタミンAの吸収率はぐんとアップしますよ。